なーなー

わー。剣があんまり居なかったよパパ!
さてそれは何故か?

候補1:狩りだるいから皆弓ヒの方が総合面でベストだと判断して剣がそこまで大増殖してない
候補2:実は剣なんて雑魚だった
候補3:運悪く剣ヒが上がらなかっただけ。すぐに剣ヒだらけになる
候補4:弓ヒ最強説
候補5:一杯居たけどさっさと負けてた


僕は1だと思ってます。
来週どうなるんでしょうね (・ω・`)
剣ヒオデペンペンの脳筋ぶりは異常だと思うんだ。

本当に思ったのは弓ヒが目茶多かったということ。
僕も8割弓ヒ相手でした。周りに聞いても弓ヒ当たりまくり。
確かに環境的に交友弓は強いけど、剣ヒ相手とか前衛ヒにはちょと分が悪いかなーと感じる
ただ杖で相手にするのは結構きつい・・

発明殺したせいで中身の魅せ所が少し減って寂しいですね (・ω・`)











今日から新社会人が出勤し始める日ですね。
自分にも〇年前かには入社式やらなんやらで緊張した時期がありました。
正直研修や最初の3ヶ月ぐらいの時期は楽しかったです。
同期と一杯話せるし、新しい事を学べるのは新鮮なものです。
そして何より学ばせてもらってるのに給料が出るという幸せを噛み締めました。
そういう意味で1年目は相当環境が劣悪ではない限り何気に楽しいと思います。
結局ある程度指示が出てくる時期ってのはまだまだストレスにはなりにくい時期。
一生懸命やってるうちに時間が過ぎます。それと怒られたりポカミスしても
その日は反省して、次の日には気にしないで切り替えるスイッチが大事です。


そういう意味では自分が一番緊張したのは転職後の初出社です。
新入社員は何だかんだ最初やる事決められて従う物ですが
途中入社の場合はある程度即戦力として動かなくてはならないので最初の3日ぐらい除いて
自分の考えで動かなくてはならない部分が多いからです。
それに相手にどのくらいできるのかを仕事ぶりで伝えなくてはならないので少しプレッシャー。。
これは良い意味でも悪い意味でも出来ることは出来る。出来ない物は出来ないという
線引きを仕事で周りの人間に伝えるという意味でとても重用だと思います。
これは少し難易度は下がりますが、部署変更や転勤でも同じ部分がある気がします。
なので、リーマンになったら必ず誰もが味わう緊張感かなと。
海外での仕事経験があり、慣れている人はこの部分の能力がとても高いです。
自分はかなりこの能力が低いです。

それにやはりどこにでも排他的な部分があり、途中入社は生え抜きに微妙な目で見られます。
勿論馴染んでしまえばそんな事はないんですけどね(;´・ω・)
結局は人間関係がある程度円滑であればどんな仕事も楽しいと思います。
逆に人間関係が終わっていると、どんな高給でも精神が持たないものです。
自分の居場所をいかに作るかというのが最初の仕事です。
精神的に無敵で向上心が凄いある人は周り無視ってマイロード突き進んでもいいんですけどね。
現実問題学生時代はそんな感じの思考でも社会に出て継続するのは難しい。
白は白、黒は黒と間違いは絶対に認めない精神を持っていてもどこかで妥協というより
許容してしまう。そうしないと自分が浮いてしまう。
このジレンマに悩まされるのが最初の1年間かなと。

僕のようにドロップアウトしないように気をつけましょう( ゙゚'ω゚')



人間とはデリケートな生き物ですね(´;ω;`)
[PR]
by guruguruguru777 | 2012-04-02 12:05 | 生活ティカ
<< 花よりメシ (;´・ω・) >>